探偵を依頼してみよう

探偵業は民事とよくいわれています。 警察には、毎日忙しいので事件と無関係のものについては調査してもらえませんが、探偵ならお金を出して依頼すれば調査してもらえます。 素人には難しいことでも、経験豊富な探偵に調査してもらえれば、解決できることがあるかもしれません。

契約書はしっかりチェックしましょう

探偵業法を守った契約書なら安心です。 トラブルにならないように、すぐに契約しないで、わからなければ質問をして細かくチェックしましょう。 料金が明細ごとに説明されていますので、必ず確認しましょう。 追加で高額な金額が請求されないように注意が必要です。

探偵業の基礎知識

探偵といえば、テレビや小説の中のイメージがある人が多いのでは?
でも実際依頼する場合は、どのように探せばいいのでしょうか。
探偵さんって個人?法人?
町を歩いてみても探偵事務所の看板を見ることはあまりないような気がします。
最近はインターネットの普及で検索すれば、すぐに見つかりますが、どうやって選べばいいのかわかりません。
費用は安い方がいいですし、調査結果も信用できるものであってほしい、個人情報漏洩も気になります。
探偵の調査で一番多いのは浮気調査だそうです。
周りの人に相談しても結果が出るわけではありませんし、自分では調査するのは難しいですよね。
では、どのような点を注意したらいいのでしょうか。
成功報酬で料金を支払う場合は特に注意が必要で、失敗すれば支払う必要はないのですが、証拠が取れなくても実際浮気が行われた現場を確認したということで請求される場合もありますし、契約以上の日数分の経費を請求される場合も考えられます。
成功した時の条件や調査の期間については、契約の段階で明確にしておきましょう。
最初の見積もりより高額な料金を請求されないように契約書を細かくチェックしなければなりません。
また、探偵は相手の資産状態や所在を調査は行うことは出来ますが、債権やお金を取り戻すという行為は認められておりません。
弁護士の紹介も弁護士法違反の可能性が高いです。
その他、調査内容に盗聴や不法侵入など違法行為がないかをチェックして下さい。
全てのことを依頼できるわけではありません。
違法行為にならないように注意して下さい。

おすすめリンク

探偵業の内容が知りたい

クライアントからの依頼で、聞き込みや尾行や張り込みなどで情報を収集する仕事がメインです。 個人からの浮気調査や所在調査以外にも法人からの企業の信用調査や人事の調査の依頼などがあるようです。 時間帯も不規則ですし、忍耐と体力が必要な仕事のようですね。

▲ TOPへ戻る