ニキビは毛穴の炎症

ニキビは毛穴の炎症

 

ニキビができる直接の原因は、毛穴に皮脂がたまり、毛穴がつまってしまうことです。



毛穴は、外界に接しているので常に細菌の進入にさらされています。

私たちの毛穴の奥には、「皮脂腺」というものがあり、そこで皮脂がつくられています。

毛穴から皮脂を分泌することで、細菌を押し返しています。



皮脂は、細菌やウイルスから肌を守る役割を持っています。



ところが、何らかの原因で毛穴が詰まり、皮脂腺に皮脂がたまると、ニキビが発生します。



例えば、肌の新陳代謝が低下すると、余分な古い角質が表面からはがれることができなくなり、

徐々に角質層が厚くなり、毛穴を塞いでしまいます。

これによって、皮脂が外にできることができなくなり、皮脂腺の中に皮脂が溜まり始めます。

そして、肌の表面に白いポツポツとした膨らみができます。これがニキビの誕生です。



ニキビが悪化すると、毛穴の中にたまった皮脂に細菌が繁殖し、皮膚が炎症を起こして、

ニキビの表面が赤くなり、痛みを伴います。これがさらに悪化すると膿がたまってしまします

。この状態になると、色素沈着やニキビ跡にもなる可能性があるので

気をつけてニキビケアをしなければなりません。





⇒次のページ 毛穴のつまり解消対策