ニキビ跡の色素沈着とクレーター

ニキビ跡を薄くしたい

ニキビは、程度が軽いものは、自然となくなっていきますが、

自分で潰してしまったり、炎症がひどくなると、後々まで跡が残ってしまうことがあります。



ニキビ跡には大きく分けて2種類あります。


色素沈着



肌に茶色く残る色素沈着は、シミの一種で、炎症した場所に

メラニンと呼ばれる褐色の色素が集まってできたものです


ニキビが悪化するt、肌の細胞が反応して、メラニン色素と呼ばれる褐色の色素を作り出します。

これは、紫外線から肌を守ろうとしてつくられる色素と同じものです。

日焼けをすると肌が茶色くなるように、ニキビの炎症が激しきなると、

メラニン色素が大量に生産されます。炎症部分をシミのように茶色になります。



クレーター




炎症がさらにひどくなると、肌が陥没したり、ふくらんだりして、クレーターのような跡が残ります。

原因は、ニキビの炎症や化膿が皮膚の外側層だけでなく、

その下の真皮層の組織までダメーシを与えてしまっている場合があります。

組織が傷ついている状態に加えて、さらに強くこすったり指やツメでつぶすという物理的な力が加わると、

真皮層がえぐれて、皮膚に凸凹、いわいるクレータができてしまいます。

真皮層までえぐれてしまうと、皮膚の弾力や張りをつくっているコラーゲンが生成・形成される組織が傷ついたり失われたりするため、元の健康な皮膚の状態に戻りにくくなっています





次のページ⇒ニキビ跡の改善対策・・・ニキビ跡を目立たなくするオススメの対策はコチラ